敏感肌 アミノ酸シャンプー おすすめ 理由 

アミノ酸シャンプーについての基礎知識

アミノ酸シャンプーとは、アミノ酸系の成分を洗浄成分に含んだシャンプーのことを言います。
洗浄力が弱めで刺激も強くないことが頭皮にやさしいと言われているシャンプーです。特に敏感肌やアトピー肌、薄毛の人から人気のあるシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプーの成分表示には”グリシン”や”グルタミン酸”、”メチルタウリン”などが記載されています。

 

アミノ酸について

アミノ酸とは、人間の血管や皮膚、内臓などの素になっているタンパク質を作り出している成分を指します。
人間の体を作っている成分が含まれたアミノ酸シャンプーが、なぜ肌や頭皮にやさしいのかが分かりますね。

 

アミノ酸シャンプーが注目されている理由とは?

アミノ酸シャンプーには良い点がたくさんある為、近年では注目度のとても高いシャンプーです。
なんと言っても髪や肌に刺激をほとんど与えない成分が、敏感肌やアトピー肌だけでなく薄毛の人にも効果があります。
洗浄力は弱めですが、それが皮脂を程よく残しながら頭皮を洗うので乾燥しにくい状態にします。

 

さらに、浸透したアミノ酸が髪を修復する効果もあり、多くの美容室でアミノ酸シャンプーが使用されています。

 

一般的なシャンプーとアミノ酸シャンプーの違いとは?

アミノ酸シャンプーが肌に優しいというのはなんとなく挙げましたが、一般的なシャンプーと比べて何が違うのか比べてみましょう。
一般的なシャンプーを大まかに分けると、高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプー、アミノ酸系シャンプーに分けることができます。

 

高級アルコール系

刺激は少ないものの、強い洗浄力で皮脂も洗い流してしまう可能性がある。

 

石けん系

強い洗浄力で皮脂も洗い流してしまう可能性があり、「きしみ」やすい。

 

アミノ酸系

洗浄力が弱いものの、皮脂をある程度残すことで頭皮が保湿された状態になる。

 

決定的な違いは洗浄力と保湿力です。頭皮は皮脂やホコリで汚れてしまうので、シャンプーによってそれらを洗い流すことが大切です。
しかし、頭皮の皮脂には乾燥を防いだり皮膚を保護する役目があるので、すべてを洗い流してしまうと乾燥の原因になったりと肌トラブルが起こります。

 

高級アルコール系シャンプーや石けんシャンプーはどちらも強い洗浄力で、頭皮の皮脂をきれいに洗い流します。
しかし皮脂を落としすぎてしまい、頭皮が乾燥してかゆくなったり、過剰に皮脂を分泌してしまったりとトラブルに繋がってしまいます。

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱いのが弱点ですが、そのおかげで必要な皮脂を残すので保湿力が高いシャンプーと言えます。

 

アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

メリット
このような理由からアミノ酸系シャンプーが肌にやさしく、敏感肌の人にオススメとされています。

 

  • 刺激が弱いので肌トラブルが起きにくい
  • 皮脂を洗い流しすぎない
  • 保湿力に優れている
  • 薄毛にも効果がある

 

デメリット
メリットの裏がデメリットとなっています。

 

  • 洗浄力が弱いので整髪料や皮脂汚れを残しやすい
  • 洗浄力が弱いので髪を洗ってもニオイが残る場合がある
  • 商品価格が高い

 

アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットを考えて、シャンプー選びをしていくといいと思います♪