頭皮の乾燥を改善する方法

頭皮の乾燥を改善する方法とは?

頭皮が乾燥して悩んでいる人は意外と多くいます。
乾燥して掻いてしまうとフケが服に付いてしまい、自分だけでなく周りの人にまで不快にさせてしまいます。
頭皮が乾燥しないようにきちんと対策をしましょう。

 

頭皮の乾燥を防ぐには「頭皮ケア」が重要!

頭皮が乾燥する原因は「間違った髪の洗い方」です。
勢いよく洗ったり、爪を立てたりして洗っていると乾燥の原因になるので、正しい頭皮ケアの方法を知っておきましょう。

 

使っているシャンプーが自分に合っているか確認する。

シャンプーの多くは、強い洗浄力があります。汚れや皮脂をきれいに洗い流してくれますが、ここに乾燥を招く原因があります。
洗浄力が強いと皮脂はもちろん、NMF(天然保湿因子)と呼ばれる保湿成分なども洗い流してしまいます。もちろん頭皮には汚れや皮脂があるのできれいに洗いたいですが、頭皮はある程度の皮脂が残っていないと保湿されません。強い洗浄力がそれらをも洗い流してしまい、結果、乾燥してしまいます。また、頭皮が乾燥していると刺激が強く、かぶれる可能性もあります。
乾燥を防ぐシャンプーでオススメなのはアミノ酸シャンプーです。洗浄力は劣りますが、それが皮脂を残し保湿された肌にします。

 

間違った頭皮の洗い方をしていないか?

頭皮が乾燥している人に多いのがシャンプーの仕方が間違っていることです。爪を立てて洗ってしまうと角質層に傷がついてしまいます。すると頭皮の水分保持力や、頭皮を外の刺激から守るバリア機能の低下に繋がります。
シャンプーは強い力でゴシゴシしなくとも、汚れを泡の力で落とすことができます。
頭皮もデリケートな肌なので、洗顔のように優しく丁寧に洗うことが大切です。

 

髪の毛を洗いすぎていないか?

頭皮は熱がこもり汗をかきやすく汚れやすいところです。だからと言って1日に何度も洗えばいいというわけではありません。洗うごとに皮脂を洗い流し、頭皮を傷つける可能性があります。
乾燥でフケが出ている人は過剰に頭を洗っていることが多いです。必要な皮脂も洗い流してしまったりと、逆に乾燥させてしまう行為となっているので、強い刺激は避けて、適度な回数だけ洗うようにしましょう。
汗をかいたりなどで、どうしても洗いたい時は、シャンプーは使わずにぬるま湯で汗を流すだけにしておきましょう。

 

正しいドライヤーの仕方ができているか?

髪が濡れたままではダメージの原因になるので、ドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。しかしその乾かし方を間違えれば、これも頭皮を乾燥させる原因となってしまいます。
ドライヤーの使用前に髪をタオルドライして、熱風にあてる時間を短くしておきましょう。
ドライヤーは出来る限り髪から離れて使用します。毛先にドライヤーを向けるようにすれば短時間で乾かすことが出来ます。
保湿の為、頭皮にある程度の水気が残っていても、タオルドライくらいの乾かし加減で十分です。
ドライヤーは髪を乾かすのと同時に、頭皮の水分をも乾かしてしまうので注意しましょう。

 

頭皮を保湿する。

シャンプーをした後に頭皮の保湿をするために、オイルやローションなどの使用も有効です。

 

生活習慣を見直す。

生活が不規則であったり、偏った食生活だと肌荒れを起こしたりしますよね。頭皮でも同じことが言えます。
頭皮も肌の一部なので、十分な睡眠をとることで新陳代謝を正常にしたり、ビタミンを摂取して皮膚の免疫力を高めることができます。

 

肌のターンオーバーで皮膚の潤いが保たれているので、生活習慣などによってターンオーバーを乱せば頭皮の水分保持力が低下し、乾燥を招いてしまいます。
頭皮の乾燥を防ぐ為に生活習慣を改善させることも重要です。

 

 

上記のポイントを実践して、頭皮が乾燥を予防しましょう(*´∀`*)